2018年01月19日

サイディングのお手入れ①

face06やっとちょっと暖かくなったと思ったら、来週からまた寒くなるそうです。icon04みなさまも、風邪を引かないように気を付けてくださいね。

今日はサイディング①のお手入れを紹介したいと思います。

1.主婦の手に余る外壁や門扉の掃除をするチャンスです。

学校の夏休み中の週末となれば、家族全員が揃うことも多くなります。人手がある時に、主婦の手に余る外壁や門扉の掃除をしましょう。外壁は常に外気に触れ、汚れが付きやすい場所。土埃や、雨だれ、カビ、サビなどで汚れています。「外壁の掃除など考えていない」という人も少なくありませんが、年に1,2回掃除をしておけば、ひどい汚れも付きません。

物置などの外部収納も、人手のある今が掃除や整理整頓のチャンスです。外部収納の奥にしまっているものなどは、ほとんど取り出すこともなく“死蔵”状態にあるものが少なくありません。一度中のものをすべて出して、不要なものは処分、内部もきれいにしておきましょう。防災用品など、突然必要になるものは、どこに何をおいているか、改めて家族で確認しておきましょう。


2.軽く水洗いするだけで汚れにくくなります。

外壁は、サイディングモルタル下地への塗り仕上げが主要なものですが、掃除の基本は水洗いです。汚れが目立つところは、中性洗剤を薄めたものを用意し、ブラシなどで軽くこすって落とします。ゴシゴシとこすると表面を削ってしまったり、サイディングのコーキング部分を傷めてしまうので気を付けましょう。

外壁で汚れやすいのは、軒下やバルコニー下、出窓の下などの、外気が抜けにくい場所です。また、壁際に置いたエアコンの室外機や給湯器の裏側も汚れが付きやすい場所。こうしたところには、カビやこけなどが生えることもあります。たいがいは水洗いで落とせますが、落ちない時はカビ取りスプレーなどを使います。外壁を水洗いした後は自然乾燥に任せます。

※脚立やはしごなどを使って高いところの掃除を行う場合は、足場に十分注意してください。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。